育成
担当

センパイの声

古山 智仁さん

森本スティーブル(北海道浦河郡浦河町)

手がけた馬が大きなレースで勝つ日を夢見て。

森本スティーブルは2009年に開業した比較的新しい育成牧場です。預託馬の育成業務が中心ですが、コンサイナーとして1歳市場や2歳トレーニングセールなどにも参加しています。
私は主に騎乗馴致、調教を担当しています。夏は朝5時30分から仕事開始で馬の朝飼いや放牧をこなし、騎乗する馬をウォーキングマシンで運動させます。多いときには1人で10頭以上を担当することもありますね。

外から見る競馬とは違った楽しさがあります。

もともと私は競馬場の厩務員になりたかったんですが、立場は違えど、自分が手がけた馬がレースに出るときは本当に感動します。自分の担当した馬がレースに勝つということは、勝ち馬の背中を知っていることになりますよね。その感触を何度も味わってみたいです。

わたしのオフの過ごしかた

家族中心の生活です。ともに過ごす時間は何よりの楽しみで、疲れも忘れさせてくれます。小さな子どもがいるのであまり遠出はできませんが、落ち着いたら家族揃っていろいろなところへ行ってみたいです。また、競馬も気になりますよ。仲間と勝馬検討をする時間がストレス解消になっています。