育成
担当

センパイの声

藤春 猛さん浦河高等学校卒業

下河辺牧場(北海道沙流郡日高町)

毎日5~7鞍の育成騎乗を行っています。

下河辺牧場は生産から中期育成、馴致・調教まで手がける総合牧場で、私は育成部門で育成騎乗スタッフとして働いています。
始業は冬なら6時30分頃、夏は5時30分~6時頃です。牧場到着後に各馬の放牧などをしながら、1鞍目の騎乗準備。馬体をチェックして、鞍をつけて、屋内馬場で乗り運動を行います。1鞍目が終わったら騎乗馬を馬房に戻して、2鞍目の騎乗馬を馬房へ。そして3鞍目、4鞍目と繰り返して、午前中に5~7鞍をこなします。

基本的に午後5時には仕事は終わります。

午前の調教後に約2時間の昼休憩をとります。午後の仕事に備えて、ここでしっかりと体を休めることが大切なんです。休憩後は馬の手入れと夕飼い、厩舎の掃除。そして夜飼いと翌日の朝飼いの準備をして、5時頃には仕事を終えます。

わたしのオフの過ごしかた

先輩や後輩、友人と遊びに出かけることがほとんどです。富川門別のインターチェンジがすぐ近くなので、苫小牧や札幌へも気軽に行けるんです。特に趣味らしい趣味はないのですが、休日に寮の部屋にいることはほとんどないですね。でも競馬はいつも携帯でチェックしていますし、馬券も買います。